ワキガ対策にオススメのミョウバン水の使い方

ミョウバンでワキガ対策

ワキガ対策と言うと、手術や制汗スプレー、また脇の下を清潔にして風通しをよくすると言った方法があります。
ただ、なかなか効果を挙げないことも多いですよね。そこで、オススメしたいのがミョウバン水です。
手術は躊躇する、かといって既存のデオドラント類では効果が薄い、と言った方は一度使用を検討されると良いでしょう。

ミョウバン水がワキガに効く理由

まず、ミョウバンは水に溶かすことで酸性となります。そして、ワキガの原因となる細菌はアルカリ性を好むのですね。
結果、抗菌作用をもたらすため、ミョウバン水がワキガに効くと言えるわけです。
ですが、ミョウバン水の優れているところはこれだけではありません。
さらに、殺菌効果もあると言うから驚きですね。抗菌と殺菌の二段構えで効果を発揮する優れた存在と言えます。

さらに言えば、消臭効果も期待できる点もワキガに効く理由として挙げられるでしょう。
元来、金属には消臭効果が備わっているものですから、この効果も納得ではありますね。
最後に、皮膚に作用し制汗作用が望める点もミョウバン水をワキガ対策として推す理由として挙げられます。汗は細菌にとっての栄養ですからね。
その元を断つことで、臭いの元である雑菌の繁殖を抑えることができるのです。

ミョウバン水の作り方

ミョウバン水自体は簡単に作ることができますので、ご安心ください。
まず、ミョウバン水50gに対して、水1500mlを用意します。
そして、それを空のペットボトルなどに入れて振るだけです。

ただ、ミョウバンは簡単に溶けませんので、一晩そのまま放置すれば完成です。
保存は冷蔵保存が基本です。一か月程度は持ちますが、2週間程度で交換する方が鮮度の面から推奨されます。

また、簡単にできるアレンジとしてエッセンシャルオイルを混ぜる方法もあります。
爽やかな香りが付きますのでオススメですよ。

ミョウバン水の使い方

ミョウバンの使い方としては、ワキガの場合は脇の下にミョウバンをそのまま塗布する方法があります。
すり鉢などで細かくすりつぶして使用すると良いでしょう。

ただ、最もお勧めの方法は前項で挙げたミョウバン水を利用する方法です。
ミョウバン水をスプレーなどで脇の下に噴霧することで、その効果を最大限に活かすことができますからね。
また、小さなサイズのスプレーを使えば外出先でも使えて便利ですよ。

まとめ

いかがだったでしょうか。ミョウバン水がワキガに有効であることはご理解頂けましたでしょうか。
ミョウバン自体は高いものでもありませんし、簡単に手に入る類のものですからね。
明日にでもミョウバン水の利用を始められることを推奨致します。
身体の負担も軽く効果も望めますので、きっと満足されることでしょう